履歴書に載せる顔写真の撮影アドバイス

JV082_72A

履歴書に載せる写真にもこだわろう

履歴書には自分の顔写真を貼る必要がありますが、ここにもポイントがあります。
何となく写真機で撮影した写真をぽんと貼っている方が多いと思いますが、こだわることでより効果的にアピールできる写真にすることができます。

多くの方が手を抜きがちなポイントなので、就活や転職活動を有利に進めたい方はぜひこうしたポイントまでこだわっておきましょう。
逆にひと手間かけるだけで今後に大きく役立ってくれるので、ぜひ押さえておきたいおすすめのポイントでもあります。
ここでは履歴書の写真について詳しくご紹介します。

履歴書の写真のポイント

履歴書に掲載する写真のポイントの一つめは、まずは笑顔です。
しっかりと笑顔を作って撮影するようにしましょう。
もちろん口を開けて笑っているような表情は履歴書には不向きですが、微笑んでいるような雰囲気の写真はとても好印象で、面接官の方や採用担当の方も好印象に感じて採用したくなります。
笑顔一つでこれだけ印象が違ってくるので、ぜひ笑顔で撮影するようにしましょう。

また、中には笑顔が苦手という方もいるかもしれません。
ですが、笑顔はトレーニングでより良い表情にすることができます。
そのため、撮影する前に事前に笑顔を自分でチェックしてトレーニングすると良いでしょう。
鏡の前で笑顔を作り、良い雰囲気に作れるようになるまで練習します。
これで効果的にアピールできる笑顔を作れるようになるため、練習しておきましょう。

2つめのポイントとして、写真屋さんで撮影してもらうのもおすすめです。
写真屋ではプロのカメラマンが撮影してくれるので、よりあなたを効果的にアピールできるような写真を載せることができるようになります。
やはり写真機とプロのカメラマンではそのクオリティにもはっきりと違いが出るので、少し余裕のある方は写真屋に行くと良いでしょう。
お金はもちろんかかりますが、それだけ就活を有利に進められると考えればとても良い投資と言えます。

3つめのポイントとして、正面からはっきりと撮影するようにしましょう。
傾いていたり、左右がアンバランスな写真はどことなく違和感のある写真になってしまいます。
きちんと統一感の取れた写真が良い写真と言えるので、ぜひチェックしておきましょう。

効果的な写真は就活を有利にしてくれる

以上、就活などの写真撮影のポイントをご紹介してきました。
しっかりした写真を貼れば、就活もさらに有利に進めやすくなります。
人は第一印象で相手の方を判断するということもよく言われますが、写真も判断材料としてとても大きなポイントになります。
ぜひ手抜きをせずにこだわって撮影することをおすすめします。
小さなポイントと感じるかもしれませんが、意外と大きなポイントです。