面接時に好印象を与えるメイクとは?

KE200_72A

面接ではメイクも大切

就活や転職活動の際には女性の方はメイクも気を付ける必要があります。
企業の方により好印象になりやすいメイクの仕方があるので、ポイントを押さえてメイクをするようにしましょう。
普段と違ったメイクの仕方になるかもしれませんが、就活の時にはやはりその場の雰囲気に合ったメイクをする方が採用をもらいやすくなります。

ぜひメイクにも手を抜かずに就活や転職活動を頑張っていきましょう。
ここでは効果的なメイクのポイントをご紹介します。

面接で好印象なのはナチュラルメイク

面接で最も好印象になりやすいメイク、それはナチュラルメイクです。
過度にお洒落な雰囲気を強調するようなメイクは逆にマイナス印象になってしまうので、あくまでもあなたの自然体な雰囲気をアピールできるようなメイクが好印象になりやすいです。

お洒落な雰囲気を意識したメイクは、自分ではお洒落と考えると思いますが、ビジネスの場ではそぐわない雰囲気になってしまっていることも多いです。
オフィスなどをイメージしてもらうと、あまり過度なメイクをしている方はいません。
逆に浮いてしまう結果になったり、取引先のお客様からもマイナス印象になってしまうこともあるので、ナチュラルメイクをするように心掛けましょう。

また、メイクでも清潔感を意識することが大切です。
清潔感は就活や転職活動でも大きなキーポイントですが、メイクでもそれは同じことが言えます。
さっぱり、すっきりとしたメイクが好印象になりやすいので、ぜひそれを意識してメイクをすることをおすすめします。

チークを入れる方も多いと思いますが、チークもあまり赤くなりすぎないように、程よく入れることが大切です。
あまり赤くなりすぎると少し違和感のある印象になってしまうので、頬を少し赤みを帯びる程度にしておくことが大切です。
口紅も同じです。
あまり赤さを強調するような色だと、ビジネスシーンでは合わなくなってしまうので、自然な唇の色をそのまま演出するような色で塗るのがおすすめです。

また、眉ははっきりと演出しながらも、あまり強調しすぎないようにしましょう。
眉が整っているのは好印象になりますが、あまり整えすぎていたり目立つような雰囲気になっているとこれも違和感を感じやすくなってしまいます。
あくまでも自然な雰囲気を演出するために、眉も程よいバランスで整えるようにしましょう。

ポイントを押さえて効果的なメイクを

以上、就活や転職活動で好印象になりやすいメイクのポイントについてご紹介してきました。
ここでご紹介したメイクのポイントを押さえておくことであなたの表情もさらに好印象になりやすくなります。
身につけたメイクは今後ずっと役立ってくれるので、早いうちにマスターすることをおすすめします。