面接でやりがちなよくある失敗

JP154_72A

面接は最大のポイント

就活や転職活動で面接は最大のポイントです。
面接で採用の大部分が決まると言っても良いくらいなので、必ず準備をして臨む必要があります。
ですが、準備をしていても本番となると中々本来の力が発揮できないのが実際のところです。
ここでは多くの方が面接でやってしまいがちな失敗をご紹介していきます。

参考にして、ぜひあなたは同じ失敗をしないようにしてほしいと思います。
事前に思い出して気を付けるようにするだけでもぐっと失敗する可能性を低くすることができます。

面接でよくある失敗をご紹介

面接でよくある失敗としては、まずはドアのノックの仕方や座り方を間違えてしまうということです。
本番の緊張からドアを3回ノックしてしまったり、入る時に失礼しますを言わずに入るなど、小さなミスをしてしまう方も多いです。
特に就活の方はマナーに慣れていない方も多いので、数をこなして慣れていないと失敗してしまうことも多いです。
面接が近づいてきたらもう一度基本のマナーを思い出して臨むと良いでしょう。

また、フレーズを忘れてしまうという失敗もよくあります。
面接対策として想定される質問に対しての答のフレーズを用意しておくという準備方法がありますが、この準備の仕方だと本番で話すことを忘れてしまう恐れがあります。
なるべく話の骨子だけをイメージしておいて、細かな部分はアドリブでも話せるようにしておくことをおすすめします。
アドリブの方があなたの気持ちも乗りやすくなるため、より効果的なアピールに繋がることも多いです。

フレーズはいくら覚えても本番で応用が利きにくいため、数多くの面接で合格を勝ち取っている方はあまりこうした準備をしていません。
それよりもあなたが今後仕事でどのようなことをしたいのかということを突き詰めて考えておくことがとても大切です。

三つめとして、必要書類などを忘れてしまうという失敗もあります。
面接の際には準備しておくべきものもあると思いますが、つい忘れてしまうということもあります。
事前にチェックリストなどを作り、面接の際に慌てずに済むようにしておきましょう。
チェックリストは一度作ってしまえばそれ以降ずっと役立ってくれるので、少し手間に感じるかもしれませんが後々楽をすることができます。

特に第一志望の企業の面接の際などは緊張する方も多いです。
心配な方ほど、しっかりと準備することをおすすめします。

失敗を想定して準備をしよう

以上、面接でよくある失敗をご紹介してきました。
失敗は多くの方がついやってしまうので、失敗した時も含めてリカバリーをどうするかも考えておくと良いでしょう。
万が一の時に備えての対処方法も考えておくことで、より万全の体制で臨むことができます。
理想の仕事に就くためにも、面接の準備をしっかりして乗り切ってほしいと思います。