圧迫面接を行う理由について

JP200_72A

圧迫面接は嫌がらせなのか

企業の中には圧迫面接をする企業もあります。
面接の中でプレッシャーをかけてくるような質問や、過度に苛立たせるような言葉を投げかけてくる面接で、面接に臨む方の意欲をそぐような面接です。
こうした面接は単なる嫌がらせと考えてしまう方も多いですが、企業によってはあえて行なっている所もあります。

圧迫面接にどのような意図があるのかをご紹介していきます。
全てがこうした圧迫面接をする企業ばかりではありませんが、出くわした際には思い出してみると良いでしょう。

圧迫面接の理由とは

圧迫面接をする理由として多いものに、就活生の臨機応変な対応をチェックしているというのが一般的です。
一般的な質問に対しては就活生の方もある程度想定してフレーズなどを考えたり、言うべきことの方向性などを持っている方も多いですが、圧迫面接で聞かれるような質問に対しては返答に詰まってしまう方も多いです。
こうした状況でも臨機応変な対応ができるかどうかをチェックしているという意図があることが多いです。

就活生の方が思ってもいなかったような質問を投げかけることでどのようなリアクションを取るのかや、怒ったりしないかどうかを見ています。
企業のお客さんの中には横柄な態度を取る方がいたり、クレームの対応をすることもあります。
こうした時に落ち着いて冷静に対処できるかどうかが問われていると言えます。
ついかっとなってしまうかもしれませんが、これも今後仕事をする上では必要な能力と言えるでしょう。

また、実は圧迫面接が行なわれるのは、より採用の可能性が高い方に対してという見方もあります。
圧迫面接に対応するのはよりレベルの高い判断能力が必要になるため、就活生の多くは対応することができません。
ですが、こうしたプレッシャーもうまくかわして大人の対応ができる方は、より企業が求めている人材と言うことができます。
そのため、圧迫面接が来たら企業に対してマイナスイメージを持つのではなく、自分をより高いレベルでテストしていると思えば良いでしょう。

企業をチェックする姿勢を持とう

現在は圧迫面接をする企業は減少傾向にあります。
圧迫面接を行なうと、就活生の方のクチコミで悪評が立つことが多くなっているためです。
就活生の方は企業に採用してもらう立場ではありますが、企業を見極めることも大切です。
今後長く仕事をする場所になるので、圧迫面接をしてくる際には、本当に入社に値する企業なのかをチェックしておきましょう。

逆にあなたからも様々な質問をするのもおすすめです。
単なる嫌がらせなのか、意図があって質問しているのかも、こちらから質問をすることでチェックすることができます。